弘法大師(空海)と“ダイシモチ”の里、香川県善通寺市。

「弘法大師(空海)が唐から麦の種を持ち帰った」という伝説が残る瀬戸内海沿岸地域では、古くから“もち麦”(大麦の一種)が盛んに栽培されていました。同じ大麦の“うるち麦”と違い、モチモチとした食感でプチプチと歯ごたえが良いのが特徴。また、“麦ご飯”にするとしっとりと炊きあがり、冷めても美味しいと人気です。“ダイシモチ”は善通寺市にある四国農業試験場(現・国立研究開発法人 農研機構 西日本農業研究センター)で1997年に育成された品種。弘法大師(空海)ゆかりの地が生んだ、“もち麦”です。


ダイシモチ

裸麦新品種「ダイシモチ」は、六条渦性のもち性品種で、早生で「イチバンボシ」より短稈で倒伏に強い。高β-グルカンで、「イチバンボシ」の1.6倍含まれます。粒はやや硬く、精麦白度は高い。収量性は「イチバンボシ」よりやや低い。成熟期の穂は紫穂で、粒は紫粒です。


主要特性

ダイシモチは、四国農業試験場(現・国立研究開発法人 農研機構 西日本農業研究センター)において、昭和60年12月にもち性・早生・強稈・多収・耐病性を育種目標に、センボンハダカ/モチ麦Dの交配(四交819)を行い、昭和61年11月にセンボンハダカ/(センボンハダカ/モチ麦D)F2の戻し交配(四交935)を行い、以後派生系統育種法により育成した系統です。